犬山焼きの歴史(年表)

          記    事
    今井窯

完永年間(1688~1704)開窯説

宝暦年間(1751~1764)開窯説

安永10年(1781) 頃  閉窯

 

丸山窯

 

 

 

 

文化7年 (1810)島屋宗九郎、丸山窯を開く

 

文化14年(1817)錦屋大島太平衛暉意(てるみつ)、

                丸山窯を引き継ぐ

文政5年 (1822)春日井郡上志段見村から

                 加藤清蔵来る

   同9年 (1826)同地より加藤寅蔵来り、新製(磁器)

                   を始める

 

 同11年(1828)大兵衛より、焼成室3室増築願

 

天保初年(1830)頃、大島太兵衛暉意の丸山窯廃業

 

 

 ――城主成瀬正寿(まさなが)、加藤清蔵を窯主とし、資金を与え丸山窯を再興させる

志段見から松原惣兵衛が来り、赤絵を開始する

 

 

  天保6年(1835)陶画工道平雇い入れる

 

     同7年(1836)城主正寿候、道平に雲錦手意匠を

                   描かせる 

     同9年(1838)城主正寿候、三光寺御殿に陶画工

         を呼び、御庭焼を焼かせたという

 

嘉永年間    塐僊堂治兵衛来る

 

嘉永4年(1851)近藤清九郎秀胤参加

 

慶応2年(1866)尾関作十郎、陶器製造を願い出る

 

明治6年(1873)頃 加藤清蔵の丸山窯、

                                               尾関窯へ引き継ぐ

   同16年(1883)犬山陶器会社設立

 

   同21年(1888)組合立愛陶社設立

 

大正元年(1912)犬山陶器株式会社設立

 

昭和初期    尾関・吉野・後藤・青山・紀藤・

        勝野・正進堂(伊藤)・大澤

                    窯元8軒

        平野・武山の絵付け     2軒

 

 同18年(1943)頃 犬山陶磁器有限会社に合同

 

   同21年(1946)陶磁器有限会社解散

        尾関・後藤・大澤・青山

                   4軒になる

 

 同34年(1959)伊勢湾台風後、青山窯廃窯

 

平成(現在)  尾関・後藤・大澤・武山の4窯